BLOG

腰痛の原因・種類とツボ(腎兪・志室・委中)

こんにちは。

美容鍼灸ハリリア京都、鍼灸師の中川です。

男性だけではなく、女性にも多いお悩みである腰痛。

腰痛は病名ではなく、身体に表れる症状の名前です。

腰そのものに問題がある場合だけではなく、様々な要因が複雑に絡んでいます。


腰痛の原因

神経を圧迫する脊椎の病気など

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛
  • 脊椎分離・すべり症

.

日ごろの生活習慣などが要因になるもの

  • 腰痛症

.

※注意※腰の周辺が痛む症状があるその他の病気

  • 血管の病気(解離性大動脈瘤など)
  • 泌尿器系の病気(尿管結石など)
  • 婦人科系の病気(子宮筋腫や子宮内膜症など)
  • 消化器系の病気(胆嚢炎や十二指腸潰瘍など)
  • 腫瘍(脊椎腫瘍や脊髄腫瘍など)
  • 脊椎感染症(化膿性脊椎炎や脊椎カリエスなど)
  • 外傷(腰椎骨折や脱臼など)

腰痛の原因は様々で、85%は原因不明といわれています。


椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間をつなぐ「椎間板」というクッションのようなものの一部が出てきて神経を圧迫し、腰や臀部の痛み、下肢のしびれや痛みがでたりします。

.

脊柱管狭窄症

脊柱管は、脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、背骨の靭帯が厚くなって、神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されます。腰痛はあまり強くありませんが、背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると足にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。前かがみになるとしびれや痛みはやわらぎます。

.

坐骨神経痛

「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」などで、腰からお尻を通って足まで伸びる坐骨神経が圧迫されることで、腰~足の後ろにかけて痛みやしびれがでます。お尻の筋肉によって坐骨神経が圧迫される「梨状筋症候群」も坐骨神経痛の原因になります。

.

脊椎分離・すべり症

繰り返しのジャンプや腰の回旋を行うことで、腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。分離症は10歳代で起こり、それが原因となって徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。腰の痛み・お尻や太ももの痛みや下肢のしびれがでます。

.

腰痛症

腰痛の多くは神経症状(しびれやまひ)などがなく、エックス線やMRIなどの画像検査をしてもどこが痛みの原因なのか特定しきれない「腰痛症」です。

長時間同じ姿勢を続け背中や腰の筋肉が緊張で続いたときや、運動不足で腰を支える筋肉が弱っているときなどに起こります。

急性の腰痛であるぎっくり腰は、急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織の怪我で、捻挫や椎間板、腱や靭帯などの損傷が多いと考えられています。


腰痛のツボ

腎兪(じんゆ)

場所:お臍の高さで腰に手を当てると、親指が当たるところ。

効果:腰痛、むくみ、おりもの、月経不調、インポテンツ等。

.

志室(ししつ)

場所:腎兪から外に指2本分のところ。

効果:腰痛、むくみ、月経不調、排尿障害、インポテンツ等。

.

委中(いちゅう)

場所:膝の後ろの真ん中。

効果:腰痛、坐骨神経痛、膝痛、熱中症等。

.

腰痛症の場合は、腎兪・志室を押したり温めてください。

坐骨神経痛の場合は委中がよいでしょう。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症の場合は、原因となっている椎間板関節部の周りの筋肉の緊張をとる目的で、鍼をします。


腰痛にならないように、中腰にならない・適度にストレッチを行うなど日常的に注意をしてくださいね。

最後までご覧くださりありがとうございます。

PAGE TOP