BLOG

膵臓と美容の関係【糖化】

こんにちは。

美容鍼灸ハリリア京都、鍼灸師の中川です。

「肌は内臓の鏡」という言葉をお聞きになられたことはございますか。

内臓の状態がお肌に現れるという意味です。

ハリリアでは、お顔だけの施術ではなくお身体の施術も大切にしております。

今回は、膵臓と美容の関係をお話ししたいと思います。


膵臓

主な役割は2つ。1つは膵液という消化酵素を分泌し、食べ物の消化を助けます。

もう1つはインスリンなどのホルモンを分泌し血糖値を調整しています。暴飲暴食などでこの調整が上手く働かなくなると血糖値が上がってしまい糖化が起こります。


糖化

体内にあるたんぱく質と食事で採った余分な糖がくっついて硬く脆く変化し、身体の中に溜まってしまう老化現象の1つ。

酸化は細胞が錆びる現象で、糖化は細胞が硬く壊れるイメージがわかりやすいかと思います。

身体の細胞はたんぱく質でできれいるので、皮膚や臓器・髪など糖化によって細胞が硬くなります。


糖化により起こる現象

  • コラーゲンやエラスチンもたんぱく質で出来ているので弾力性がなくなり、たるみやシワに繋がります。
  • 血管や筋肉等、身体の大部分はたんぱく質で作られています。血管は老化ととても関係が深く、血管が脆くなると全身の老化が早まります。
  • 細胞が硬くなり、お肌のターンオーバーが遅くなることで角質が厚くなり、ニキビやくすみの原因になってしまいます。

血糖値が上がるのを抑え糖化を予防する為に

  • 野菜を先に食べ、次にお肉やお魚、最後にパンやご飯の順で召し上がっていただく。
  • GI値の低い食品(精製されていないもの)やGI値を下げる食品(食物繊維や乳製品や豆類)を一緒に採っていただく。

糖類を過剰に採るとインスリンを分泌する膵臓に負担がかかってしまいます。


血糖値を調整するツボ

太白(たいはく)

●場所:足の親指の付け根内側で、骨が出っ張っているところ。

※血糖値調整には、少し上がオススメです。

陰陵泉(いんりょうせん)

●場所:足の内くるぶしから骨の内側を上に辿っていくと指が止まるところ。

関門(かんもん)

●場所:お臍から上に指4本分、そこから外側に指3本分のところ。


内臓と美容はとても関係が深く、切っても切れない中です。

鍼灸治療はツボを使用し身体の内側にもアプローチできるので、身体のバランスを整え、自分自身の自然治癒力を高め、お肌本来の美しさを取り戻すことができるといえるでしょう。

ご質問やお問い合わせは公式ラインへどうぞ

PAGE TOP