BLOG

【美容鍼灸師になるには】免許・学校・期間・本音

こんにちは。

美容鍼灸ハリリア京都、鍼灸師の中川です。

美容鍼にご興味をお持ちくださって、自分でもやりたいとご質問いただくことも多いので、ブログに書くことにいたしました。


  • 資格や免許:「はり師」「きゅう師」
  • 学校:養成機関(専門学校や大学)
  • 期間:3年以上
  • 費用:400万~800万ほど 
  • お給料・やりがいなど

1つ1つご説明していきますね。

資格・免許について

「鍼灸師」という資格は存在せず、「鍼灸師」とは「はり師」「きゅう師」という2つ国家資格を取得した人のことをいいます。

「はり師」:鍼で刺激を与えて治療を行う国家資格。

「きゅう師」お灸で刺激を与えて治療を行う国家資格。

2つともの国家資格を持っていることが理想ですが、美容鍼を行う場合は「はり師」の資格だけでもできます。

学校での勉強は「はり師」「きゅう師」どちらの内容も勉強します。

「美容鍼灸師」という資格もなく、美容目的の鍼灸を「はり師」「きゅう師」が行うことと思っていただければと思います。


学校について

鍼灸師の養成施設となっている鍼灸専門学校または、鍼灸学科のある大学・短大を卒業する必要があります。

学校で「経絡経穴(つぼの場所など)」「東洋医学概論」「解剖学」「生理学」「はり理論」「きゅう理論」などを勉強し、実技の授業で実際に鍼を刺したり、お灸をすえたりします。

最近ではプラス、美容鍼やアロマテラピーにエステの勉強も一緒にできる学校も増えてきています。

大阪医療技術学園専門学校 

こちらは鍼灸美容学科があるので、美容鍼を学びたい方にはピッタリですね!!

京都にも鍼灸師養成専門学校・大学があります。

京都仏眼鍼灸理療専門学校 

私の卒業した母校です。歴史のある学校です。

京都医健専門学校

明治国際医療大学

学校によって、美容鍼の授業があったり無かったり、教育方針にそれぞれ特徴があるので、オープンキャンパスなどで実際に訪れてみるのがベストです。


期間

学校の養成課程は3年以上となっています。

専門学校なら3年、大学なら養成課程が4年です。(大学の場合3年生で国家試験を受け、4年生の時の時には既に資格を持ち研究などをされるそうです。)

3年間学校に通い勉強し、国家試験を受ける資格がもらえます。

国家試験に受かると、「はり師」「きゅう師」の免許がもらえます。


費用

養成学校の授業料が、3年制の専門学校で400万~500万程、4年生の大学の場合は600万~800万程です。

授業料の他にも、教科書代や白衣代、実技で使う道具代などがかかってきます。

また、国家試験を受ける時の受験料や、免許の登録代などが必要になります。

美容鍼灸の科目がある学科だと、授業料は高めの傾向にあるようです。

私の場合は学校で美容鍼の授業は無く、大体500万程かかりました。


ここまでご覧になられて、いかかでしたか?

医療系の国家資格なので、資格を習得するにはお金も期間もかかります。

お給料は気になるところですよね!!

お給料・やりがい

鍼灸師のお給料は高くはありません。

平均年収は200~400万といわれています。

中には1000万以上稼いでいる方もいらっしゃいますが、一握りといわれています。

「鍼灸師 + キーワード」検索をすると「鍼灸師 しんどい」「鍼灸師 生活できない」などネガティブな言葉も出てきます。

専門学校などのホームページには正直良い事ばかり書いてありますが、何がなんでもお金を稼ぎたい!という方には鍼灸師のお仕事はお勧めしません!

私が鍼灸学校に入学しようかなと思っていた時に、いただいたお言葉を今も忘れません。

「この業界で、生活していけるのはクラスメイトの2割です。」と。

この時、「無理!やーめた!!」とならず 負けず嫌いな性格が出て、

「絶対に、2割の中に入ってやる!!!」と思いました(笑)

そのくらい、鍼灸師の資格だけでお金を稼ぐのは厳しいものと思います。

日本で鍼灸の年間受療率(1年間で鍼灸治療を受けたことのある成人の割合)は約5%といわれています。

しかし、専門学校は増え鍼灸師も増えているので、鍼灸師は沢山いるが患者様が少ないといった現象が起きます。

鍼灸師達で頑張って、鍼灸の良さを伝えないと受けてくれる方は増えません。

良い面もお伝えしてまいりたいと思います。

やりがいはすごくあります。

なんといっても、直接「ありがとう」と喜んでいただけることです。

この仕事をしていて良かった!!と実感できる場面に沢山であえることがあります。プライスレスと言いたい!!

自分自身に鍼が打てるといったのも、鍼灸師の良いところだと思います。

自分の健康管理や美容の管理までできてしまいます。

将来的にはAIに置き換わっていく仕事がある中で、鍼灸師のお仕事は人に直接触れる仕事ですので、無くならないと思います。

定年もなく、元気だったら働きたいだけ働けます。

最後に

ここまでご覧くださってありがとうございます。

この記事を読んでも「美容鍼したい!美容鍼灸師になりたい!」と思ってくださった方は向いているでしょう。

熱い気持ちがないと仕事も勉強もできません。

人と接するのが大好きで悩みを改善しようと勉強できる方に、このお仕事はピッタリです。

私は鍼灸師になり美容鍼のお仕事ができていて、とっても幸せです♡

PAGE TOP