BLOG

【美容鍼灸】ご質問内容①

こんにちは。

美容鍼灸ハリリア京都、鍼灸師の中川です。

よくあるご質問はこちらに掲載させていただいております。

Q&A

その他にもご質問をいただくことがございますので、本日はブログでお答えしてまいりたいと思います。


●鍼灸施術について●

●鍼灸治療は副作用がありますか?

→鍼灸は自然治癒力といいご自身の持っている力を引き出す治療法です。副作用はございませんが、鍼やお灸の刺激が多い場合などに瞑眩(めんげん)反応が出ることがございます。瞑弦反応とは、だるさや眠気など一時的に症状が悪化したように感じることです。もし出られた場合は一日ゆっくりしていただくと消えて参ります。また、刺激量は調節ができますのでお申し付けくださいませ。

.

●金属アレルギーがありますが、鍼治療は受けれますか?

→当店では、ステンレスの鍼先をシリコンでコーティングされている国産の鍼のみを使用しております。金属アレルギーをお持ちの方でも問題なく鍼治療をお受けいただけますのでご安心くださいませ。

.

●鍼はどうして効果があるのですか?

鍼の作用は大きく分けますと、以下の4つになります。

1.鍼をすることで、脳内麻薬と呼ばれる「エンドルフィン」や「エンケファリン」といった物質が脳内から分泌されます。これらは「モルヒネ」と似たような働きを体内行い、痛みを緩和する働きがあります。

2.痛みは神経から神経へと伝わります。鍼をすると神経から伝わる痛みの情報を抑制することで、痛みを感じにくくする働きがあります。

3.鍼をすると、筋肉の間にある血管が拡張して血流を改善します。血行がよくなることで「発痛物質」や老廃物が促され、新しい酸素や栄養を含んだ血液が流れてまいります。

4.自律神経(交換神経と副交感神経)や内分泌(ホルモン)、免疫などのバランスを整えます。

.

●お灸はどうしで効果があるのですか?

→お灸をすると、その熱がお身体の奥深くに伝わります。すると。血管が開き血流が良くなります。「疲労物質(乳酸・二酸化炭素等)」が血液と共に促され、新しい酸素や栄養素を含んだ血液が細胞まで運ばれることで、お身体の回復を高めてくれます。また、体温が上がること免疫力も高まります。

.

●鍼やお灸の数が多い方が効きますか?

→お悩みやその日の体調、お客様の体質などによって鍼やお灸の場所や数を鍼灸師が決めます。これは体調は日々変化しており、適切な刺激量を与えることで効果が高まります。鍼の本数やお灸の数が多いほど必ず効果が出るわけではございません。

.

●鍼が痛い所があるのはどうしてですか?

→皮膚には「痛点」といってお痛みを感じる点が沢山ございます。こちらに鍼が当たりますとお痛みを感じます。また、筋肉の緊張が強くなっている部分もお痛みを感じやすくなります。

.

●鍼が痛い日があるのはどうしてですか?

→痛みを感じる皮膚の器官は、疲れやストレス、その日の感情などに影響を受けやすくなります。特にお身体や心がストレスを受けてらっしゃる場合は皮膚の器官が敏感になっていますので、普段よりお痛みを感じやすくなります。


長くなりましたので、次回に続きます。

最後までご覧くださりありがとうございます。

PAGE TOP