BLOG

睡眠の質を高めてくれるツボ 「風地」

こんにちは。

美容鍼灸ハリリア京都、鍼灸師の中川です。

「睡眠不足は肌に悪い!」ということで、今回は睡眠と肌の関係を。

睡眠を取り始めの3時間の間に分泌されるホルモンがあります。

それが「成長ホルモン」

成長ホルモンが分泌されると、細胞分裂が盛んに起こり、お肌の代謝が活発になります。

※成長ホルモンは、年齢と共に分泌が低下していきます・・・・・。

お肌の代謝が活発になるということは、

くすみ

しみ

乾燥肌

肌荒れ

ニキビ

でなどが出来にくくなります。

成長ホルモンが分泌されている間の時間に、しっかりと深く質の良い睡眠をとることが、美肌になる大切なポイントです!!

そこで、睡眠の質を高めてくれるツボをご紹介いたします。


風池(ふうち)

場所:首の後ろの背骨をまっすぐ上に指で沿っていくと、指が止まるところが「風府」というツボです。

「風府」から左右外側に指を滑らすと、止まる所が「風池」です。

効果:風邪の症状、眼精疲労、肩コリにも効果があります。

それぞれの親指で左右の「風池」を押して刺激を与えてくださいね!!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

PAGE TOP